カテゴリー別アーカイブ: 住宅関連

オール電化住宅のメリットとデメリットについて

オール電化のことをエスコシステムズさんに聞いてみる

これから住宅を購入しようと思っている人の中にはオール電化住宅にしようかどうか悩んでいる人も多いことでしょう。
一般的にオール電化住宅と呼ばれるものは、調理や空調、電気や給湯などのすべての熱源を電気でまかなっている住宅をさしています。

キッチンではガスではなく電気を使い調理することのできるIHクッキングヒーターが使われ、ガスでお湯を沸かすのではなく、安い深夜電力を使い夜の間に沸かし、日中に使えるようにお湯をためておく温水器が使われることになります。

エスコシステムズはENEOSでんき正規取扱店となりました。より

またガスや灯油の暖房ではなく床暖房や安い深夜電力で夜のあいだに熱をためておいて、その熱を日中に利用する蓄熱ヒーターと呼ばれる暖房機が使われることになるでしょう。

オール電化住宅を検討しているのであればメリットやデメリットについてしっかりと把握しておき、本当に導入するかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

オール電化のメリット

1.お湯や暖房を安く使える

まず第一にオール電化住宅のメリットとしては、お湯や暖房を安く使えることが挙げられます。
最大のメリットは光熱費の中でも大部分を占めているお湯と暖房にかかる費用を安く抑えられる点です。

オール電化向けの電気料金プランが設定されていますが、このプランは夜間の時間帯の電気の単価が非常に安く設定されています。
安い夜間電力を利用して日中に使用する分のお湯を沸かしたり、暖房の蓄熱を行います。

都市ガスと夜間電力の1kW当たりの湯沸かしコストを比較した場合にはそれほど違いは見られないのですが、ガスの場合には基本使用料がかかることから、夜間電力の方が安くお湯を使うことができるといえるでしょう。

この点から基本使用料を一本化できることも大きなメリットとなります。
ガスと電気を併用している住宅の場合には、ガスと電気にそれぞれの基本使用料がかかります。

しかしすべてを電力で賄う場合には、基本使用料は電気のみとなります。
基本使用料を一本化できるため、節約につながるといえるでしょう。

2.ガス漏れや不完全燃焼による一酸化中毒などの心配がない

そして住宅内に熱源を持たないため安心感を得られることも大きなメリットとなります。
ガスを使わないためガス漏れや不完全燃焼による一酸化中毒などの心配がなく、非常に安心といえます。

キッチンはIHクッキングヒーターを使い、ガスコンロと比べた場合には炎が発生しないので火災に対する安全性も高く、ガスは二酸化炭素を増加させるため空気を汚してしまいますが、IHクッキングヒーターの場合には空気を汚しません。

磁力線により鍋自体を発熱させるので、キッチン周りもあつくならず、ガスコンロよりも汚れにくく手入れが楽だという利点があります。

3.タンクの中にたまっている水を一時的な生活用水として使用可能

そして最後のメリットは震災の際にタンクの水を利用できるという点です。
震災時には温水器のタンクの中にたまっている水を一時的な生活用水として使用することが可能です。

震災時には電気やガス、水道などのライフラインは止まってしまうことが考えられますが、これらの中で一番復旧が早いものは電気といわれています。

オール電化のデメリット

このようにさまざまなメリットがあるものの、反対にデメリットもあるため、この点についてもしっかりと判断しておく必要があるでしょう。

1.昼間の電気代が高くなる

まず第一にデメリットとして考えられることは、昼間の電気代が高くなるということです。
オール電化向けの電気料金プランを設定した場合には、夜間の電気の単価は非常に安く設定されていますが、その分日中の電気の単価が割高となっています。

夜間に使う電気代は非常に安く抑えることができるのですが、日中に使う調理や家事にかかる電気やテレビやドライヤーなどの家電、夏場の昼間のクーラーなどにかかる電気代は割高となってしまいます。

暖房は蓄熱暖房機を使うことになるので夜間の安い単価が適用されることになりますが、床暖房やエアコンを使用した場合には、昼間の割高の単価が適用されることとなります。

2.設置コストが高額になる

そして設置コストが高額になることも大きなデメリットとなるでしょう。
本体費用にブラスして工事費用もかかることになるので、設置コストは割高となります。

エコキュートを例に挙げると、本体費だけではなく基礎工事費用や水道関連工事費用、電気工事費用などとさまざまな部分にお金がかかることになります。またかなりの大きさや重さがあるため、設置場所を確保したり、場合によっては設置場所を補強しなくてはならないケースも見られます。

3.キッチンは好みが分かれてしまう

そしてキッチンにはIHクッキングヒーターを導入することになりますが、キッチンは好みがわかれることもデメリットとなります。
IH用の調理器具しか使うことができないので、ガスに比べると調理器具が限定されることになるでしょう。

これまでにコンロを使用していたのであれば、調理器具も全部買い直さなければならないかもしれません。
ガスのように直接炎が出ないので、調理の際にどれくらいの熱さになっているのかがわからずに調理がしにくいという人も見られます。

調理については好みがわかれるため、日ごろから調理を担当する人の意見を重視したほうがよいかもしれません。

マイランドに聞く中古住宅を購入するメリットとは

新築にするか中古にするか?

新しく住居用の不動産を購入するとなった時、まず迷うのが新築にするか中古にするかという点です。
せっかくマイホームを手に入れるのだからまっさらな新築が良い、と考える方も多いといわれています。
中古住宅は建物や設備の古さが気になってしまう、という方もいるでしょう。

しかし中古住宅であっても、しっかりとリフォームやリノベーションが行われている物件はかなり状態が良いのも事実です。
そして中古住宅には「新築住宅よりも安い」という大きなメリットが存在しています。

住まい選びの重要ポイントとして、利便性や地域環境を挙げることができるでしょう。
会社や学校等へのアクセスが良い駅のそばに家を持つことができれば、通勤・通学にかかる時間や負担を小さくすることができます。

また近隣にスーパーマーケットやコンビニ等の商業施設が揃っているか、病院などの医療機関が充実しているかなどの点も重要です。
実際にその地域で暮らしていくことを想定すると、治安などの地域環境も見逃すことができないポイントだといえるでしょう。

アクセスが良く、商業施設等も充実している利便性の高い地域は、不動産物件の価格も高くなる傾向にあります。
駅からどの程度離れているかによっても、住宅が持つ価値は大きく異なってくるでしょう。

いくつかの点は妥協をしなければならない

不動産は高価なものですから、購入時には後悔のないよう様々な視点から見比べて選びたいものです。
しかし購入費の予算には限りがあるため、いくつかの点は妥協をしなければならなくなります。

一定の予算内で住宅を購入する場合、どうしても新築が良いということになれば、駅からの距離や利便性といった部分で妥協をしなければならないこともあるでしょう。

あるいは間取り・広さや日当たりなどの部分について諦める必要が出てくるかもしれません。
なるべく都市部に近い位置で家を購入したいが、予算に合わせて選ぼうとするとどんどん希望する地域から離れていってしまう、ということもあるでしょう。

一般的に中古住宅は、築年数が長くなるほど経年劣化によって価値が下がり、新築よりも手の届きやすい価格になっていきます。
築1~2年程度の物件であっても、新築物件よりも1割から2割ほど安い価格で販売されているのです。

築年数が二桁を超えると設備や建物の劣化が目に付きやすくなるものですが、1~2年程度のものであれば新築とほとんど変わらない場合もあります。

消費税が非課税になるというメリットも存在

また個人の売り主から中古物件を購入する場合、消費税が非課税になるというメリットも存在しているのです。
ほんの数%の消費税であっても、住宅のような高額な買い物をする場合には、かなり大きな金額となってしまいます。

もともとの価格だけでも新築より安い中古物件を選び、さらに消費税の課税対象にならなければ、想定よりも安く家を手にすることもできるでしょう。
決まったエリア内で家を買いたいが新築だと条件の良い物件が見つからない、そんな場合であっても中古物件なら、予算内で理想通りの家を探し出すことができるかもしれません。

中古物件には「実際に建物の中を見ながら購入検討ができる」というメリットがあるのも魅力です。
新築住宅を購入する場合、購入希望者は住宅展示場等でモデルルームをチェックしたり、間取りなどを見ながら物件選びをすることになります。

展示場で気に入って購入を決めたが実際に物件を建ててみたらイメージと違った、ということも起こり得るでしょう。
中古物件であれば、すでに建てられた物件を内見しながら購入検討ができますので、イメージと違うなどの問題は起きません。

また一定の期間、そこに実際に人が住んでいた物件ですから、見えない欠陥等が後から見つかるという可能性も低いでしょう。
経年劣化による傷みは想定しておく必要がありますが、新築物件よりも予想外のトラブルや欠陥等のリスクが低いというメリットがあるのです。

築年数が長い場合には耐震性等についてもチェック

様々なメリットを持つ中古住宅ですが、良い点ばかりではありませんから、よく見極めて物件選びをする必要があります。
築数年の比較的新しい物件であれば経年劣化も少なく、傷みの少ない状態のものが多くなりますが、築年数が長い場合には耐震性等についてもチェックしておかなくてはなりません。

建物を新しく建てる際には建築基準に合わせて設計・建築を行う必要があり、耐震性能などもその基準によって影響を受けています。
1981年には建築基準に大きな改正があり、耐震性能についての基準もかなり厳しい内容になりました。

つまり1981年以前に建てられた建築物は、それ以降の物件よりもゆるい耐震基準に合わせて作られているのです。
中古物件は、建物に不具合やトラブルがあった場合の対応についても、新築物件と異なっています。

瑕疵担保責任の期間が新築よりも短く、また売り主が個人であることも多いため、保証については万全でない場合もあります。
中古住宅を選ぶのなら、購入前にしっかりと物件の状態をチェックして見極めておくことが大切です。

 

出典元

1.マイランド不動産