bounda のすべての投稿

最近のランドセルは種類が豊富

お子さんが小学生に上がるときには、揃えなければならないものがたくさんあります。

勉強机やランドセルは比較的大きな買い物ではないでしょうか。

おじいちゃんやおばあちゃんが、孫にプレゼントするという家庭も多いようです。

ランドセルといえば昔は、男の子は黒、女の子は赤が定番でした。

でも最近のランドセルは、ピンクやパープル、ブラウンなどさまざまなカラーがあります。

また、デザインもハートをモチーフにしたものなど、種類が豊富です。

そして、さまざまなメーカーやブランドから発売されているのです。

スポーツブランドや、高級ブランドのものまであります。

お値段もさまざまです。

お手ごろ価格が売りの家具メーカーや、大型スーパーが売り出しているランドセルは、比較的お手ごろな価格になっています。

また、ブランド品はお高めです。

最近では、お子さんの体に負担が掛からないように、軽くなっているものもあります。

教科書をたくさん入れると大人が持っても重いので、ランドセルは軽いものを選んであげたいという親御さんも少なくないのではないでしょうか。

そして、機能性も充実しているようです。

A4サイズのファイルがスッポリ入るものなどが、人気となっています。

また、ランドセルは1年中売り場にたくさん並ぶようになりました。

ゴールデンウィークやお盆などで里帰りしたときに、孫と一緒に選んでプレゼントしてあげるというおじいちゃんやおばあちゃんのニーズに合わせてあるのです。

ランドセルは、小学校生活の6年間使うものですから、長く使える良いものを与えたいと思う方も多いのではないでしょうか。

お子さんの好みも考慮しながら、一緒に選ぶのもまた楽しいものです。

お子さんの好きなカラーやデザインで、機能性などは大人が考えてあげるのも良いでしょう。

たくさんの種類がありますから、いろいろなものを見て、時間を掛けて探してみてはいかがでしょうか。

また、ランドセルカバーなども豊富です。

ランドセルの歴史と最近の傾向について

朝の通学の時間帯になると、ランドセルを背負った子供たちを多く見かけます。

現在大人の方も、子供のころはランドセルを背負って通学していたという方が多いのではないでしょうか。

そもそもランドセルの歴史は江戸時代終期の幕末の時代までさかのぼります。

江戸時代に当時の幕府が西洋の軍隊制度を取り入れる際に持ち物を入れる兵士の入れ物として、オランダから輸入した布製のカバンが発祥とされています。

またその名前の由来は、オランダ語で「ランセル」という背負いカバンを意味する言葉が日本語風になまってランドセルになったといわれています。

しかしなぜそれが通学かばんとして定着したのでしょうか。

初めに通学カバンとして利用したのは、明治10年に開校した学習院の初等科でした。

家庭環境によりバラバラだった通学形態を統一しようと通学カバンとして取り入れました。

当初は布でできたリュックサックのような形でしたが、明治20年に伊藤博文が当時の皇太子であった大正天皇の入学祝いの品として、当時の高級品である革で箱形の通学カバンを作ったものが現在のランドセルに近いでしょう。

そして100年以上たった現在では様々な種類のランドセルが販売されており、子供たちは多種多様なものの中から選ぶことができます。

昔はランドセルの色といえば女子は赤色、男子は黒色と決まっていましたが、今は特に決まっておらずカラフルな色のものが数多く売り出されています。

最近の流行としては、男子は黒色や青色や深緑色を選ぶ子供が多く、女子の間では、ピンク色や薄紫色、水色などが人気のようです。

また、刺繍が施してあるものやビーズがついているものなどもあり、自分好みのものを選ぶことができます。

見た目だけでなくその機能も進化しており、数年前に比べると教科書が入れやすいようにサイズが大きくなっていたり、大きくなっているのに重さは軽くなっていたりと、子供たちが通学しやすいように日々改良されています。