オール電化住宅のメリットとデメリットについて

オール電化のことをエスコシステムズさんに聞いてみる

これから住宅を購入しようと思っている人の中にはオール電化住宅にしようかどうか悩んでいる人も多いことでしょう。
一般的にオール電化住宅と呼ばれるものは、調理や空調、電気や給湯などのすべての熱源を電気でまかなっている住宅をさしています。

キッチンではガスではなく電気を使い調理することのできるIHクッキングヒーターが使われ、ガスでお湯を沸かすのではなく、安い深夜電力を使い夜の間に沸かし、日中に使えるようにお湯をためておく温水器が使われることになります。

エスコシステムズはENEOSでんき正規取扱店となりました。より

またガスや灯油の暖房ではなく床暖房や安い深夜電力で夜のあいだに熱をためておいて、その熱を日中に利用する蓄熱ヒーターと呼ばれる暖房機が使われることになるでしょう。

オール電化住宅を検討しているのであればメリットやデメリットについてしっかりと把握しておき、本当に導入するかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

オール電化のメリット

1.お湯や暖房を安く使える

まず第一にオール電化住宅のメリットとしては、お湯や暖房を安く使えることが挙げられます。
最大のメリットは光熱費の中でも大部分を占めているお湯と暖房にかかる費用を安く抑えられる点です。

オール電化向けの電気料金プランが設定されていますが、このプランは夜間の時間帯の電気の単価が非常に安く設定されています。
安い夜間電力を利用して日中に使用する分のお湯を沸かしたり、暖房の蓄熱を行います。

都市ガスと夜間電力の1kW当たりの湯沸かしコストを比較した場合にはそれほど違いは見られないのですが、ガスの場合には基本使用料がかかることから、夜間電力の方が安くお湯を使うことができるといえるでしょう。

この点から基本使用料を一本化できることも大きなメリットとなります。
ガスと電気を併用している住宅の場合には、ガスと電気にそれぞれの基本使用料がかかります。

しかしすべてを電力で賄う場合には、基本使用料は電気のみとなります。
基本使用料を一本化できるため、節約につながるといえるでしょう。

2.ガス漏れや不完全燃焼による一酸化中毒などの心配がない

そして住宅内に熱源を持たないため安心感を得られることも大きなメリットとなります。
ガスを使わないためガス漏れや不完全燃焼による一酸化中毒などの心配がなく、非常に安心といえます。

キッチンはIHクッキングヒーターを使い、ガスコンロと比べた場合には炎が発生しないので火災に対する安全性も高く、ガスは二酸化炭素を増加させるため空気を汚してしまいますが、IHクッキングヒーターの場合には空気を汚しません。

磁力線により鍋自体を発熱させるので、キッチン周りもあつくならず、ガスコンロよりも汚れにくく手入れが楽だという利点があります。

3.タンクの中にたまっている水を一時的な生活用水として使用可能

そして最後のメリットは震災の際にタンクの水を利用できるという点です。
震災時には温水器のタンクの中にたまっている水を一時的な生活用水として使用することが可能です。

震災時には電気やガス、水道などのライフラインは止まってしまうことが考えられますが、これらの中で一番復旧が早いものは電気といわれています。

オール電化のデメリット

このようにさまざまなメリットがあるものの、反対にデメリットもあるため、この点についてもしっかりと判断しておく必要があるでしょう。

1.昼間の電気代が高くなる

まず第一にデメリットとして考えられることは、昼間の電気代が高くなるということです。
オール電化向けの電気料金プランを設定した場合には、夜間の電気の単価は非常に安く設定されていますが、その分日中の電気の単価が割高となっています。

夜間に使う電気代は非常に安く抑えることができるのですが、日中に使う調理や家事にかかる電気やテレビやドライヤーなどの家電、夏場の昼間のクーラーなどにかかる電気代は割高となってしまいます。

暖房は蓄熱暖房機を使うことになるので夜間の安い単価が適用されることになりますが、床暖房やエアコンを使用した場合には、昼間の割高の単価が適用されることとなります。

2.設置コストが高額になる

そして設置コストが高額になることも大きなデメリットとなるでしょう。
本体費用にブラスして工事費用もかかることになるので、設置コストは割高となります。

エコキュートを例に挙げると、本体費だけではなく基礎工事費用や水道関連工事費用、電気工事費用などとさまざまな部分にお金がかかることになります。またかなりの大きさや重さがあるため、設置場所を確保したり、場合によっては設置場所を補強しなくてはならないケースも見られます。

3.キッチンは好みが分かれてしまう

そしてキッチンにはIHクッキングヒーターを導入することになりますが、キッチンは好みがわかれることもデメリットとなります。
IH用の調理器具しか使うことができないので、ガスに比べると調理器具が限定されることになるでしょう。

これまでにコンロを使用していたのであれば、調理器具も全部買い直さなければならないかもしれません。
ガスのように直接炎が出ないので、調理の際にどれくらいの熱さになっているのかがわからずに調理がしにくいという人も見られます。

調理については好みがわかれるため、日ごろから調理を担当する人の意見を重視したほうがよいかもしれません。