成人式の時に着た振袖の保管に困った時は着物買取へ

成人式で着た振袖は、結婚式などに着ていく以外にはあまり活躍の場がありません。

しかし流行り廃りがないのできちんと保管していれば長く着用できますし、訪問着に仕立て直せば一生着ることもできます。

ただ、振袖をはじめ多くの着物は絹でできているので、きちんと保管をしていないと虫に食われて台無しになってしまうことがあります。

絹などの衣類を食べてしまう害虫を防ぐために防虫剤をこまめに交換し、カビが発生しないように虫干しをして風通しを良くするなどの対策が必要になります。

振袖はとても高価な着物だけに、保管場所や方法にはとても気を使います。

もし、これから振袖を着用するつもりがなければ、着物買取に引き取ってもらう方法もあります。

保管の時のお手入れから解放される上に、着物の種類によっては高額買取の可能性もあります。

成人式で着た振袖を買取してもらう時は、草履や帯、バッグなどの小物類一式を買取してくれるところがおすすめです。

振袖は普段用の着物と違って正絹が多いので、買取額が高い傾向があります。

有名作家が手掛けた物や伝統工芸品のような高価なものは、さらに高額な値がつけられます。

振袖といっても新品ばかりではなく、譲り受けた物で年季が入っている場合がありますが、虫食いやひどい汚れがついていなければ買い取ってもらえます。

ただ、あまりにも状態が良くない着物は買取不可や値段が上がらない可能性もあるので、まずは買取店に相談してみましょう。

着物買取店を近所で探すのは大変ですが、宅配や出張が利用できるので、お店が遠く離れていても利用できます。

身近にあるリサイクルショップを利用する方法もありますが、色々な商品を扱っているお店の場合、品質ではなくグラムで価格が決まってしまうこともあるので、高価な着物を手放す時は専門店の方が安心できます。

専門店では知識を持った査定員が一つ一つ品質をチェックしてくれるので、納得のいく取引ができます。