素材にも様々な違いがあるランドセル

小学生の通学用鞄であるランドセルは、入学から卒業までの6年間毎日使うものになるので、購入する時には十分に検討して失敗のない選び方をしたいものです。

いくら子供用とはいっても、ランドセルの価格は決して安いものではありませんし、使用されている素材によってもその機能性やデザイン、使い勝手にも大きな違いがあるため、大人が鞄を選ぶ時と同様に妥協のない検討が必要になります。

見た目のデザインは一見どれも同じように見えますが、最近はカラーパターンも豊富になっているため、同じ製品でもカラーを変えることで印象が大きく変わることがあります。

また、刺繍やワンポイントなど、遊び心のあるデザインのものも増えてきていますので、子供の好みに合わせて気に入ったものを見つけると良いでしょう。

ランドセルに使用されている素材は、大きく分けて天然皮革と合成皮革がありますが、コードバンや牛革の物は、高級感のある質感が特長です。

また、色艶も美しく、長く使うことで独特の風合いが出てくるというのも魅力です。

特に高級なコードバンのものになると、美しさもさることながら、非常に高い耐久性を持っており、乱暴に扱ってもキズがつきにくいという特長もあります。

合成皮革を使用したものは、革特有の質感には乏しい物の、豊富なカラーパターンがあり、加工も容易なことからデザインの幅が広いのが優れている点です。

また重量も軽く作ることができるので、小さな子供が使用しても体への負担が小さいのが特長です。

天然皮革のものは、ものにもよりますが、価格が比較的高価なことも特徴の一つと言えます。

特に有名ブランドや革製品専門メーカーの物は大人用のブランドバッグ顔負けの価格のものも少なくありません。

その点合成皮革のものは安価なモデルが多く、大手量販店のものになると手頃な価格で購入することが出来ます。

そのため、高いものを長く使うという一方で、安価なものを選び、傷んでしまったら買い替えるという選び方をすることも出来ます。